うるう年は逆打ちか!? その3

うるう年は逆打ちされる参拝者の方が多く、ゴールデンウィークを過ぎても
当店前の遍路道は例年以上に静かであります涙

うるう年逆打ちの起源等については、以前こちらで取り上げました。

うるう年は、逆打ちか!?その
うるう年は、逆打ちか!? その

衛門三郎さんが20回の順拝の後、逆打ちを決意したのは、10番切幡寺
だったという逸話をご存じでしたでしょうか?
私も不勉強で、そのことが書かれた史料を読んだことは無く、人づてに聞く
ばかりですが、だとしたら、うるう年に衛門三郎さんにあやかって逆打ちし
ようという方々は、ココ10番切幡寺から始められた方が良いのでは?と思い
ます。あやかり度が高まりますね。

実際、切幡寺から始まる逆打ちツアーを催行している旅行会社さんもいくつ
かあります。

史料を読んだことがないのをいいことに、勝手なことを申しますが、、、
衛門三郎さんは、逆打ちを決意した後、どちらに向かったのでしょう
か?
10番切幡寺から逆ということで、9番に向かったのでしょうか?それと
も88番大窪寺に向かったのでしょうか?

切幡寺から逆打ちツアーを催行する旅行会社さんは、次に9番へ。後、1番ま
で打って、88番へ向かうツアーが多いようです。となると、結願は、11番藤
井寺になりますね。衛門三郎さんは12番焼山寺の近くで亡くなっていますの
で、あと、1ヶ寺を残して亡くなったことになり、確かにドラマチックです。

しかし、切幡に住む者として、10番で逆打ちを決意したとしたら、88番に
向かうのが自然な気がします
。切幡寺から88番までは、現在の車道でも
20キロちょっと、切幡寺は、87番長尾寺に次いで2番目に88番に近いのです。
10→9→8→7、、、、と今来た道を引き返すのは気分も乗らない気がします。
どこかに記録など、残っていないでしょうか?

また、もし、10→9→8(中略)→88→87。。。と衛門三郎さんがお参りし
たのであれば、88番からお参りするという世の逆打ちブームは、三郎伝説に
沿ったものではないということになります。

いずれの順番にしましても以上のことから、今年中に逆打ちを試みる予定の
皆様は、10番切幡寺からお参りを始めてみるのも良いということが言
そうですが、いかがでしょうか?
その際は、当店、スモトリ屋浅野総本店で遍路用品を揃えることをお勧め
いたします。
実店舗の方が品揃えも豊富で、お値段も安い場合があります。

結局、これが言いたかった!?そうです!

いらっしゃいませ!!


衛門三郎さんの逆打ち順路について正確なところをご存知の方いらっしゃい
ましたらお教えいただければ幸いですおじぎ

店主敬白
 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

mobile

qrcode